quarta-feira, 12 de março de 2008

Frases de Revistas Femininas - Décadas 50 e 60


Se desconfiar da infidelidade do marido, a esposa deve redobrar seu carinho e provas de afeto, sem questioná-lo. (Revista Claudia, 1962).

A desordem em um banheiro desperta no marido a vontade de ir tomar banho fora de casa. (Jornal das Moças, 1965).

A mulher deve fazer o marido descansar nas horas vagas, servindo-lhe uma cerveja bem gelada. Nada de incomodá-lo com serviços ou notícias domésticas. (Jornal das Moças, 1959).

Se o seu marido fuma, não arrume briga pelo simples fato de cair cinzas no tapete. Tenha cinzeiros espalhados por toda casa. (Jornal das Moças, 1957).

Não se deve irritar o homem com ciúmes e dúvidas. (Jornal das Moças,1957).

O noivado longo é um perigo, mas nunca sugira o matrimônio. ELE é quem decide sempre! (Revista Querida, 1953).

Sempre que o homem sair com os amigos e voltar tarde da noite espere-o linda, cheirosa e dócil. (Jornal das Moças, 1958).

É fundamental manter sempre a aparência impecável diante do marido. (Jornal das Moças, 1957).

O lugar de mulher é no lar. (Revista Querida, 1955).
Share this article

6 comentários:

Anônimo disse...

ӏ visited multiple web sites but the audio feature for audio songs existing at thiѕ site is actսally marvelous.


Look into my web blog - voyance par telephone

Anônimo disse...

My coder is trying to persuade me to move to .net from PHP.
I have always disliked the idea because of the costs.
But he's tryiong none the less. I've been using Movable-type on a number of websites for about a year and am anxious about switching to
another platform. I have heard fantastic things about blogengine.net.
Is there a way I can transfer all my wordpress posts into
it? Any help would be really appreciated!


My blog post - fetish sex chat (http://bmx-lounge.com/do-you-require-a-cam-mistress-ready-to-humiliate-you/)

Anônimo disse...

Today, I went to the beach front with my children.
I found a sea shell and gave it to my 4 year old daughter and said "You can hear the ocean if you put this to your ear." She placed
the shell to her ear and screamed. There was a hermit crab
inside and it pinched her ear. She never wants to go back!

LoL I know this is completely off topic but I had to tell someone!



my blog: Family Guy The Quest for Stuff game guide

Anônimo disse...

WOW just what I was searching for. Came here by searching for utc

my blog post ... hotels croazia

Anônimo disse...

If some one desires to be updated with hottest technologies afterward he must
be go to see this web site and be up to date every day.

my webpage :: free bike race hack

Anônimo disse...

シックス

週末の家庭、小さな南の大きなテーブルでの食事おばあちゃん "暖かい"
歓迎、すべての彼女のお気に入りです。彼女は生意気祖母のために、言った: "私は2口、うまく2胃を持っていた場合。"ああ祖母が笑っ聞いた。

私の祖父を見て小さな南部の家庭ではなかったし、彼はどこに行った私の祖母に尋ねた。祖母は言った:小南驚き
"あなたの祖父...ミスをご覧くださいああ右、ミス前日あなたおじいちゃんも歩道高校桃をテストし、私はまだ疑問に思う、あなたはの話聞いたことがない、インクの朝、と言って呼んだ。"言った: "本当にインクの朝、私はキャンパスで彼を満たしていませんでした、ああ、今週どのように教えてくれませんでした!?"

おばあちゃんは微笑んで言った:「キャンパスは、グッチ ショルダーバッグあなたが彼に電話を与えるためのイニシアチブを取るかをヒットするので、簡単、とても大きいです、あなたは離れて育ったので、良い子供時代を演じ、今では彼が...男性と接触していなかったようです。子どもたちは、率先して、時には恥ずかしい、あなたはより多くの友人よりも、キャンパスでイニシアチブを取るだけでなく、もう少し注意すべきである。
"

小南は同意した。

彼の小屋に座っ夕方には、小さな本からの小さな南の電話番号呉インクの朝、多くの審議を見つけるために、またはプレイしなかった、いつも少しぎこちない感じました。結局のところ、彼らは二年以上接続しなかった。

南歳のは、後に育った、人生はそれぞれの祖父母に来ていた、そこに別の非常に重要なパートナーであり、それはミスメキシコの朝です。 2は、教師の中庭に住んでいた非常に近く、その後、小さな南部のメキシコの朝は切り離せないパートナーになったときおじいちゃんと小さなインク南部ミス陳さんの祖父は、エアマックス95同じ大学の教授である。

インク朝早い年齢は南へ、子はほとんど謙虚されている、風の紳士を示し、また、小さな南迫害下に彼女の "妹"と呼ばれていたが、実際には、彼は小さな南ヶ月よりもさらに大きくなっている。子供、彼らは小さな南部の祖母は涙であったように、甘くて無実に見えるか、他の子の2肖像画、演奏家、1父、母は、彼の顔に笑みを浮かべて、再び開始しますが、また私の祖父を再生できるようにする講義に精神を与える。

その後にはほとんど、インクの朝までに成長し、小さな南大学予備校、非常に偶然のグループに割り当てられていたので、二人はまだクラスのプレーの後にクラスで一緒に付着している。小南はゲームのアイデアをたくさんプレイする、非常にスマート成長し、彼女は彼の朝のインクに聴きたい、インクの朝に従います。しかし、私は伝記を開始子どもたちのクラスからのクラスの年からわからない。:呉インクの朝蘇Xiaonanのと同じように、彼らは両方のダウンタウンそれを愛する! 8歳の子供は、意味のあるこの文を理解するために始めたので、二人一緒に再び恥ずかしい毎日しています。

インクの朝は最終的に充填され、ノイズの多い少年たちは、キャンパスの周りに実行されるようになったしながら、やがて、小さな南部のいくつかの良い女子生徒があるでしょう。しかし、二人はまだ家に帰る機会を探して家に帰るか、Cengfanの宿題に行きます。小学校卒業後、インクの朝の両親は2中学校は学校ではなく、自分たちの生活に彼を取り戻した。初日、インクの朝、小さな南に電話をかけたが、急に何も言うことを発見していなかった。彼らは言うことを知らない、もう一方の端は、最も身近なものですが、その時間の経過であるとLiangxiaowucaiをドタバタ一緒にしてもシャイだった。

このようにして、ugg 店舗最初の二日間は、小さな南部のメキシコの朝は、最終的に接触を失った。

私たちは、五から十三歳の頃から、小さな南部に住んでいるが、常に生き生きと笑うことを愛し、謙虚な少年があったと言うことができます。そこには血液接触はありませんが、彼らの親密さには影響しなかったが。他の多くの小さな南部のパートナーが存在していたが、彼女の記憶に深く押印をマークしたように、誰も、インクの朝のようになることはできませんができます。連絡先を失った二人は、実際には、多くの場合、彼は彼がどのように見える想像するための努力を少し育った、小さな南考えるでしょう。彼は、予約なしで、彼らの全体の幼年期のように、日当たりの良い暖かいと明るかった。

今日、彼女は自分自身や卒業生となった子供の頃の遊びを考えていませんでした。呉月曜日のインクの朝の旗集めの式典は、私はあなたに1つを見つける!小南はふざけて欲しい。



Feel free to visit my homepage: グッチ キーケース

 
Copyright © 2014 Pauta de Buteco • All Rights Reserved.
Template Design by BTDesigner • Powered by Blogger
back to top